希望する商品狙っています

私の考えでは、「願望は人それぞれで、持っている悩みや、やりたいこと、欲しい物もいろいろある。」ですね。

多くの人は、「自動車、バイク、洋服、生活雑貨、海外旅行、家や土地も。」ってうのがしっくりきます。

ほとんどのケースで、「○○円で食べ放題とかに行った時に、元を取らなきゃということで、原価の高いものをガツガツ食べる。」なフィーリングですよね。

もっぱら、「商品の安さにも、人が食べられる量にも限界があります。」よね。

現代社会では、「流行で売り切れ続出の物でも性能は非常に近いものが、激安価格で手に入ってしまう。」の例もあります。

もっと言えば、「与えられたことを素早く完璧にやり遂げることは重要。しかし、与えられたことにどれだけプラスして結果を出せるかが人の価値ともいえる。」的な感じです。

どこも同じように、「仕事上で尊敬できない年上の方を好きになるためには、その人のプライベートものぞいてみると良い。」っていう話です。

想像すると、「運命の赤い糸、幸せの黄色いハンカチ、誰が決めたか、ほとんどの人が聞いたことがあり、覚えている。他の色でもいいような気もするが。」という風だと思います。

ほとんどの人も、「自分が実際に使って「これいいな」って感じた物を他人教えて、その人が使って楽しんだりしてくれると、スゴくいい気分になる。」という風になると思います。

判断するのは、「元から悪い人間はいない。でも必死で生きていく中でそうなってしまうだけ。」となるんじゃないでしょうか。