ビタっと探してみました

わしが思うに、「自分のできること、やりたいことは、その時に不要であっても、率先して行うわりに、不得意なことや面倒なことに直面するとすぐに逃げる。」ですね。

一般的に、「かわらしい洋服が欲しい、スリムになりたい、美しい素肌になりたい、頭痛を治したい、珍しいお酒が飲みたい、稀少なグッズが欲しい。」ってうのがしっくりきます。

ほとんどのケースで、「何度かチャレンジしたけど、まったく納得できなず、結局は泣き寝入りというか、うやむやのままにされてしまう。」な想いですよね。

一例を挙げると、「7つの習慣などの著書で知られるスティーブン・R・コヴィーさんが言った、どんな人生にするのかを決めるのは自分。」のようなことですよね。

最近は、「昇進をあきらめた上司が必死に会社のために役に立つ仕事をしていると、部下は魅かれる。なぜ、あの人が上に行かないのだろうと、押し上げてくれるほどの働きもする。」のパターンもあります。

いっそう言えば、「話しの最後に、たぶんとか分からないけど、といった曖昧にする表現を使う人が多い。友だちどおしならいいけれど、会社ではそんな無責任な発言はいらない。」的です。

感覚的に、「衝動買いは失敗する確率が高くって、値段が高ければ高いほど、その気持ちは強い。」もあります。

思い描いてみると、「同じ商品でも視点を変えて見てみたり、摂取方法を変えることで意外な効果を見つけたりすることもある。」と思い起こします。

総体的に、「若いうちは洗脳されるくらい言われたことを忠実にやってみる。その経験が新しいことを生み出す力になる。」となりませんか。

結局は、「購入の際に考えることは自らが本当に必要かどうか、そして他人にアドバイスを求められた時にその物を薦めるか。」という感じです。