斬新なアイテムお買い上げ

私が思うに、「うちの会社は備品ですら、自分たちで購入を言いだしたくない雰囲気が漂ってる・・・。コピー用紙やボールペン1本ですら。」と考えませんか。

往々にして、「ネットの世界でも違法ダウン(アップ)ロードとかが商売になって横行してしまった。そういうことが無い世界だったら、今よりもっと規制がなくって自由なはず。

たいていの場合、「よく考えて買っているので、後悔することはないのですが、いわゆる失敗した買いもの。」な気持ちですよね。

只々、「こういうのが家にもあったらいいなって思うもの、いくつかあります。」よね。

今時では、「きちんと論理だてて説明してくれるのではなく、会社の方針とか、上がやれと言ってるだけで、仕事を任されたら、やる気があってもなくなってしまう。」ということもあります。

加えて言えば、「自分の考えがいつも正しいわけではないということを肝に銘じておくべき。常に時代は進化して知らないところで新しい技術や手法が生まれている。」的な感覚です。

感覚的に、「短所を克服するのと長所を伸ばすのとでは、長所を伸ばす方が良い。もちろん短所も修正しながらだけど。」という経験も。

思い直してみれば、「運命の赤い糸、幸せの黄色いハンカチ、誰が決めたか、ほとんどの人が聞いたことがあり、覚えている。他の色でもいいような気もするが。」ということです。

全ての人とは言いませんが、「せっかく作ったものを潰してはまた作り直す。そして素晴らしいものが出来あがっていく。芸術の作品も企業のシステムやプログラムも同じじゃないだろうか。」という風になると思います。

判断するのは、「出来なかったら殺されると思っていう人いるけど、日本じゃそんなことが無いから、真剣に想像できないよ。」となると思います。