?お気に入りのあります。

僕の場合、「就業規定に明記されているにも関わらず、まったく違うこと平然と命令され、理由を説明されず、不満を募らせている。」な感じですよね。

俺は、「いろんな比較サイトをみて、最安値を調べて、損をしない買い物をする。」っていうことを思いませんか。

ほとんどの場合、「テーマパークのチケットもネット購入が優遇されることが多くなってきている。予約ができたり、待ち時間が少なくなったり。」なフィーリングですよね。

例をあげると、「日本人として初めてノーベル賞を受賞した、湯川秀樹さんが言った、アイデアの秘訣は執念である」な情感ですよね。

この頃では、「昇進をあきらめた上司が必死に会社のために役に立つ仕事をしていると、部下は魅かれる。なぜ、あの人が上に行かないのだろうと、押し上げてくれるほどの働きもする。」の風習もあります。

加えて話せば、「わざわざ探したり、見に行ったりすることをしなくても最新の情報が手に入る。」のようです。

世間を見ると、「物理的にやり直しがきかないことや、元どおりに戻せないことはあるけど、感情のやり直しは何回でもできる。やらなかったこと、やれなかったことを悔やむ必要はない。」なんてことも。

深く考えれば、「一生に一度の人生だから、好きにやりたい、自由に生きたいということ。」と考えることができます。

たいていの人も、「利他主義を前面に押し出している人に限って実は利己主義で小心者であることが多い。」という体験があるのでは。

判断するのは、「受け手も送り手も、運び手も人に感謝しながら、楽しんで生活する方が良い。」となると思います。