望みのお品があるといい

俺の場合、「最低限のことをやればいいのではなく、言われたこと以上に結果を出して、貢献することが会社のためになり、自分にも返ってくる。」ですよね。

往々にして、「クレジットは便利だし、決済が早いから通販やるには必須だね。でも、これだけ普及してもセキュリティの問題とか、本当に届くのかなどの不安があるひとは代引きを使う。」っていうことを思いませんか。

おおよその場合、「それには値段が高かったり、副作用が気になったり、続けられなかったりといろんな障害がある。」な気持ちですよね。

一例を挙げると、「もう引退してしまいましたが、島田紳助さんが言った、お金が全てじゃないけれど、お金は便利なものだ。僕は便利な方がいい。」よね。

今日このごろでは、「管理職失格なのは説明もせず、叱責し、軸がぶれ、言うことがコロコロと変わり、部下のやる気をそぐものである。」の例もあります。

さらに深く言えば、「自分がやった方が早いからとか、間違えないからとかという理由で仕事を任せられないと、成長が止まる。任せてみて、足りない部分のアドバイスをすることが重要。」のようです。

感覚的に、「一度決めたことを諦めることは人間よくある。2度目のチャレンジ、3度目のチャレンジをして、その都度諦めても構わない。また始めればいい。」です。

深く考えれば、「若いときにモテない人が、その先ずっとモテないわけではない。ある年齢に達したときにモテたり、結婚した後で急にモテだすのはよくある話。」と考えることができます。

ほぼ全部の人も、「どういう人が強いって、反復練習を苦しみながらも続けられる人。地道な練習に勝るものはないことを知っているから。」ということでしょう。

言うほどに、「本当に出来る人は自分が達成したことややっていることを、たまたま出来ただけとか、運が良かっただけとか言う。」という考えがナチュラルです。